出産はお得

妊娠して出産というと、いろいろな出費がかさみます。
でもいろいろな制度があるから、結構お得なこともたくさんあります。
そんなことも知らないと損をしてしまいます。 制度の内容をしっておき、しっかりお得にお金をもらってしまいましょう。
ここでは一応専業主婦の場合でお話ししましょう。

仕事を持っている女性にはもっといろいろな補償があります。
出産一時金という制度があります。 出産は病気ではないので、健康保険が使えません。
もちろん全額自己負担となります。

そんなときに、そんな経済的な負担を軽くするためにもらえるのが出産育児一時金です。
子どもは1人で42万円もらえますが、これは産科医療補償制度のある医療機関で出産した場合で、それ以外は39万円となります。
二子の場合は2倍もらえることができます。 健康保管得ようの被扶養者や被保険者に4ヶ月以上の出産で出ます。
この場合は死産、流産でも同じく出ます。


また児童手当というものがあります。 児童を養育するにあたってもらえるものです。 社会でも大切な子どもの生活を守るということですが、中学3年生まではもらえます。
3歳未満までは月額1万5000円、3歳以上小学6年生までが月額1万円。
中学生も1万円となっています。

また、乳児医療費助成というものもあります。
乳児が病院などで診察した場合は、治療費の一部または全額を自治体が助成してくれます。
自治体によって助成方法、対象年齢など、その金額には違いがあります。
条件は国民健康保険や会社の健康保険に加入している赤ちゃんに限ります。
このようにまだまだたくさんのお得な制度があるので、是非一度調べてみましょう。

≪注目情報≫
出産をした際にお祝いを貰ったらこのような出産内祝い用のギフト通販サイトが役に立ちます => 出産内祝い

Copyright © 2014 出産で貰えるお金 All Rights Reserved.